読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAT04 CREATIVE SPACE

メディア芸術作品、音楽制作、ゲーム開発(UE4)、アート、エンタメなどの創作に関する話題を扱うブログです

【Cubase9】ボカキュー「VOCALOID Editor for Cubase」を使ってみる

f:id:nowshika:20161212232431j:plain
どうやら既に「VOCALOID Editor for Cubase」(通称ボカキュー)はCubase 9での動作確認が済んでいるようだ。しかし、後から知ったけどどうやら私がインストールしてるのは「VOCALOID Editor for Cubase NEO」という一つ前の製品らしい……。

最新は「VOCALOID4 Editor for Cubase」。そういえば、この黒いパッケージ見たことあるぞ!すっかりアップデートを忘れてますね。

YAMAHA ヤマハ VOCALOID4 Editor for Cubase

YAMAHA ヤマハ VOCALOID4 Editor for Cubase

スタインバーグ社のDAWソフトウェア「Cubase9」「Cubase8」「Cubase7」シリーズ上で、『VOCALOID4 Editor』の機能を利用できるソフトウェアです。別売りの『VOCALOID4』もしくは『VOCALOID3』の「歌声ライブラリ」とともに利用することで、「Cubase9」「Cubase8」「Cubase7」シリーズの豊富な機能と連動した音楽制作が可能となります。
VOCALOID4 Editor for Cubase | 製品詳細・購入 | VOCALOID SHOP ( ボーカロイドショップ )

Cubase 9でボーカロイド・エディターを使ってみる

使ってみるとか言っても、旧バージョンの使い方と全く一緒。「VOCALOID」VST Instrumentも、ブラックリスト入りする事無く起動した。

MIDIパートを選択して、「MIDI」メニューから「VOCALOIDエディターを開く」を選択するだけ
f:id:nowshika:20161215010318p:plain

選択すると例によって警告が出る。「選択したMIDIパートにVOCALOID固有の情報を追加してVOCALOIDパートに変換します。一度変換すると元に戻せません 続行しますか?」という、なんだか躊躇するような内容のメッセージ。もうデフォルトで次回から自動でOKにするくらいのチェックボックスが欲しい所。
f:id:nowshika:20161215010857p:plain

レイアウトがすこしだけ違う

画面下部のカラム・エディターが実装された事によって、ボカキュー・エディタは別窓、Cubase標準のエディタは画面下部に固定という事ができるようになった。
f:id:nowshika:20161215011454p:plain

MIDIの編集自体はボカキュー・エディタでやっても、Cubaseの標準エディタでもOK。即座にお互いの変更が反映されるので好きな方でやればよい。ノートの音程やディレレーション、ベロシティはもちろんピッチベンド等、どちらで編集してももう片方に即座に更新される。個人的にはMIDIデータはCubaseの方がやりやすいので、Cubaseキーエディタを使うことになると思う。

ただし、(これは別にCubase 9だからというわけではないけど)発声情報だけはボカキュー・エディタ側で変更しないとうまく反映されない。Cubaseエディタ側の「テキスト」の項目はあくまで歌詞メタ情報っぽい。

後から知ったバージョンの話

私の使用してるボカキューのバージョンが古い……!今回試したのはSystem Ver 1.1.0.0(File Ver. 1.1.0.1)で2013年のものらしい。しかも「VOCALOID4 Editor」ですら無いらしい。
f:id:nowshika:20161215012108p:plain

とりあえずNEOの最新はVer 1.3.1らしいので、せめてバージョンだけはあげようと、こちらのYAMAHのダウンロードサイトからダウンロードした(Mac版)。
VOCALOID™ Editor for Cubase NEO - ヤマハ ダウンロード

しかしなぜかアップデーターを起動すると、「This update cannot proceed. VOCALOID Editor for Cubase is not installed」のエラーメッセージが出てアップデートできない。これはもうボカキュー4を買えという事でしょうかね……?まあディスクから再インストールを試してみればいいんだろうけど、とりあえず使えてるから当面はこのままでもいいかな。

ということで、Cubse 9でボカキューは、Cubaseのバージョンアップ移行もスムーズに行え、旧バージョンのボカキューでも問題なく使えそうです。現場からは以上です。

アップグレード版は5000円で公式ボーカロイドポータルサイトで販売中

net.vocaloid.com