SAT04 CREATIVE SPACE

メディア芸術作品、音楽制作、ゲーム開発(UE4)、アート、エンタメなどの創作に関する話題を扱うブログです

【Pioneer DDJ-400】rekordbox djをインストール。パソコンから音が出せる!

f:id:sat04:20180814232706j:plain
DDJ-400

 DDJ-400本体はドライバーなどは不要なので、USBでパソコンに接続するだけでOKです。

 ですが、DJソフトである「rekordbox dj」は、ダウンロードしてきてインストールする必要があります。

 単体で「rekordbox dj」というソフトはなく、既に無料でダウンロードできる「rekordbox」をダウンロードし、DDJ-400に付いてくるライセンスキー(アクティベーションコード)を入力することで、「rekordbox」のPerformanceモードが解除されて「rekordbox dj」に拡張される仕組みです。
 
rekordbox.com

 DDJ-400の梱包の中にライセンスキーが書かれた紙が入っています。「rekordbox」をインストールして起動すると、ライセンスキーを求められます。ハイフンは入力不要です。

f:id:sat04:20180816011502j:plain

 入力するとPERFORMANCEモードが使えるようになります。このパフォーマンスモードこそが、Serato DJ ProなどのいわゆるDJソフトと同じ事が出来るモードです。

 EXPORTモードは楽曲管理や、ホットキュー(マーカーみたいなもの)を曲に予め仕込む為のモードです。

f:id:sat04:20180816011744j:plain

日本語チュートリアル

 DDJ-400の発売のタイミングでrekordbox 5.3.0にバージョンアップし、日本語チュートリアルが追加されました。

f:id:sat04:20180816012019j:plain

 これが初心者にはすごく助かりました!そんな長いチュートリアルではないんですが、音を実際に出すところから、簡単に2つの曲をつなぐ所まで説明してくれます。

 パフォーマンス動画は、今の所DDJ400のものは一つだけ。このrekordbox DJと、DDJ-400を俯瞰で見れる視点の動画はめちゃめちゃ役に立つので今後、どんどん増えてくれると嬉しいです。

 PCから音を出すときは、画面右上のアイコンを押します。これUSB接続の順番によっては、PCから音がでない場合があるので、そのときは「rekordbox dj」を再起動すると良いです。

f:id:sat04:20180816012546j:plain

 DDJ-400のステレオ出力に加えて、パソコンからも音が出るようになります。DAWを使って曲を作ってる人なら、PCにはオーディオ・インターフェイスが接続されていると思いますが、パソコン自体の音をオーディオ・インターフェイスから出すことができればそのまま使えます。

 曲作りの環境をそっくりそのまま使えるのでとても便利です。

DJ初心者がPioneer DDJ-400を買ってみた!決め手などを

f:id:sat04:20180814232706j:plain

 知り合いのバーなどで、気ままにCDJとDJ卓を触らせてもらい、その場で軽くレクチャーしてもらいながら見よう見まねでDJをした事はあったんですが、ある程度ちゃんとやってみたいと思い始めて早5年。

 ちょっとしたきっかけもあったのですが、ついにPCDJを買っちゃいました。

 タイミングよく、Pioneerから6月末に新製品「DDJ-400」が発売になったばかりで、日本語チュートリアルなどDJ入門マシンとしては最適っぽいです。

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-400/black/overview/

 というわけで、普段DAWなどを使って曲作りをしている作曲&編曲家目線で見ていきたいと思います。

PCDJというジャンル

 今回購入した「DDJ-400」はパソコンありきの商品で、機材ジャンルとしては「PCDJ」で検索すると出てくるものです。音楽制作機材的にいうと、フィジカルコントローラーにオーディオ機能が付いたものって感じです(ただしオーディオ出力のみです)。

 「DDJ-400」は、このDJコントローラーと、DJソフトがセットになったものです。なので、必ずPCかMacがある前提ですが、これさえ買っちゃえばすぐにDJプレイが出来るという、かなりお手軽なセットです。

 PCDJじゃない場合、レコードプレイヤー又はCDJを最低2台。それらをミックスするDJM(DJミキサー)なんかが必要です。「DDJ-400」は、パソコンさえ用意すればそれらと同等以上のことが出来てこのお値段ですから、これから始める人に最適です。

 既にDAWなどで曲作りしてる人が、ちょっと手を出してみようなんて時には、ドンピシャな製品だと思います。

 DJ全般の機材については下記のサイトの解説がオススメです。私も勉強させてもらいました。

www.otaiweb.com

付属DJソフトはおまけレベルじゃない「rekordbox dj」

 音楽制作系のハードウェアを買うと、機能が限定されたグレードの低いのソフトが付いてくる事があります。ですが、本製品はガチ版が付属してます。

 「DDJ-400」に付属するDJソフトは、パイオニアの「rekordbox dj」です。これソフト単体で買うと15,000円ですから、それを考えても「DDJ-400」を買うのは、めちゃお得なんです。

f:id:sat04:20180815011700j:plain

 元々パイオニアは「rekordbox」という無料の楽曲管理ソフトを提供していました。それにDJプレイ機能を持たせたのが「rekordbox dj」です。さらに「rekordbox DVS」とかあるんですが一旦忘れて良さそうです。

 DVSは、Digital Vinyl Systemの略で、ざっくり言うとアナログターンテーブル(レコードプレイヤー)を使って「rekordbox dj」を操作できるようにするシステムなので一旦忘れちゃって良さそうです。

唯一迷った製品、1つ目の決め手はレイアウト

 これからDJ始めようという私的にはほぼ一択だった「DDJ-400」ですが、唯一価格帯が同じの「DDJ-SB3」と迷いました。

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-sb3/black/overview/

 見た目(レイアウト)の違いがまず1つ。

f:id:sat04:20180815001814j:plain
 上がDDJ-400、下がDDJ-SB3。結構違いますね。

 で、次にクラブなどで常設されている事が多いPioneerのCDJとDJミキサーと並べてみます。

f:id:sat04:20180815004043j:plain
 違いはあるものの、「DDJ-400」はレイアウトや色使いがとても似てるんですね。これが「DDJ-400」の売りの1つでもあります。初心者的には、変な癖がつくと嫌ってのもあるし、どうせ覚えるならどこのクラブにも常設されているような機材と同じ感覚で覚えたいというのがありました。

PLAY/PAUSEボタン、CUEボタン、BEAT FX、CDJスタイルのLOOPセクションなどの操作子レイアウトは、クラブスタンダードレイアウトを採用し、クラブに常設されている機材と同一の操作感を可能にするため、実際にクラブなどのDJブースに立つ機会があっても安心して演奏できます。

付属するDJソフトが違う「Serato DJ Lite」 vs 「rekordbox dj」

 これはかなり悩ましい問題でした。

 DDJ-400に付属しているソフトは「rekordbox DJ」。DDJ-SB3に付属しているソフトは「Serato DJ Lite」という世界的に最もユーザー数が多いとされているDJソフト「Serato DJ Pro」の無料版です。

 Serato社といえば、高品位なタイムストレッチで有名なプラグイン「Pitch ‘n Time」の会社ですね。とはいえ、タイムストレッチなどのアルゴリズムは異なるようです。

 Pitch ‘n Timeの高品位なタイムストレッチ技術の恩恵を受けるには、まず「Serato DJ Pro」にアップグレードし、更にP'NT拡張アドオンを購入する必要があります。

serato.com

 「rekordbox dj」は、パイオニア純正のソフトです。rekordbox自体は、楽曲管理ソフトとして2009年からあるソフトですが、数年前にリリースされたVer.4.0.0 (2015.10.01)で、「Serato DJ」のようなパフォーマンス(DJプレイ)機能が追加れました。

 なので、まだユーザーは少ないです。が、後発だけあって機能はかなり充実してます。

世界一メジャーな「Serato DJ」か、これから来そうな「rekordbox dj」か

 歴史を調べてみると、「Serato DJ」が世界で最も使われるDJソフトになった要因の1つは、クラブでほぼ寡占状態にある(らしい)パイオニアDJ製品に付属していたり、相性が良い事にあるようです。ただ、数年前からパイオニアは自社の「rekordbox dj」を付属するようになり、いま爆発的に「rekordbox dj」ユーザーが増えているようです。

 現時点で最も有名な「Serato DJ」か、これから爆発的に増えるであろう「rekordbox dj」か。結構悩みましたが、「rekordbox dj」の方が高機能だと個人的に思えたのと、今後のポテンシャルの高さで「rekordbox dj」で行くことにしました!

 ちなみに、「Serato DJ」だと、「Whitelabel.net | The Serato Whitelabel Delivery Network」を利用して音源を集める事が出来ます。

機能差が決め手に

 正確には、DDJ-SB3に付属しているソフトは「Serato DJ Lite」ですので、「rekordbox dj」と比べるとかなり機能は劣るように見えます。無料ソフトと、15,000円の完全版ソフトの差はでかいですね。

 物足りなくなって、「Serato DJ Lite」から「Serato DJ Pro」に乗り換えるとなると、更に追加で13,000円ほどかかるって事を考えると、断然DDJ-400の方がコスパが良いです。

 また、最終的な決め手は「rekordbox dj」だと、パソコンから出力できるってのと、DJプレイを録音出来るって所です。普段からDAWで音楽作ってる身としては、当然オーディオインターフェイスから出力して、いつも使ってるスピーカーで鳴らしたいので。

 DJソフトはPCで動いてるんだから出力出来て当たり前と思うのがDAWユーザーですが、「Serato DJ Lite」は出来ないんです。

 この機能が無いとDDJ-400のステレオ出力を、別途ミキサーを要してミックスしてスピーカーから出力しないといけなくなるので面倒です。実際、DDJ-400はUSB一本でパソコンに繋ぐだけだったのでセットアップがめちゃ楽でした。

 あと、録音できるなら曲作り用の素材作りなどにも使えるかなーと思ったからです。

まとめ

 長々と書きましたが、まだ数日しか遊べてません。環境づくりなども含めて順番に書いていこうと思います。いや本当に楽しいです。色々曲を見る視点や感覚も変わってきますね。トラックメーカーを目指してる人は絶対DJやったほうがいいんじゃないかと、触って数日しか立ってないけど感じます。

 ガチ素人だったので、「rekordbox dj」の日本語チュートリアルも、シンプルなんだけどめちゃめちゃありがたかったです。

 ということで、にわかDJなりに今後も書いていきたいと思います。

【Wwise】Wwise 2018.1がリリースされたので早速触ってみた

 Audiokinetic社のオーディオ・ミドルウェアWwiseの最新版Wwise 2018.1 がリリースされました。Preview版で既に情報は出ていたのですが、一番はやはりUI周りのアップデート。

 最近流行りの、グレーを基調としたDark UIが実装されました。他にも色々って事でささっと見てみようかと。

Wwise 2018.1 リリース!UIカラーの刷新と新機能

全体的な見た目

 立ち上げただけだと、今までと同じ灰色カラーです。全体的にタブやウィンドウの形が、エッジのあるカチっとしたフラットデザインになりました。

 リモートコネクション(Remote Connections)周りも文字が書かれたボタンからアイコンに変わるなどマイナーな変更が加えられています。
f:id:sat04:20180807225059j:plain

Property Helpで、パラメータの詳細が確認できるように

 あと新機能「Property Help」ではパラメータのHelpを表示てくれます。長く使ってるので個人的にはあんまりメリットないですが、パラメータの最大値、最小値が確認できたり、Pitch 1200で2倍速なんだな〜みたいな事がわかるので、使い始めの人には良いのかも。たまにここの数字の単位は何?って時もあるのであると嬉しい機能ではあります。

f:id:sat04:20180807225118j:plain

とりあえず色変えたい「User Preferences」

 せっかくなのでDarkUIを試したいって事で、どこで色を変えるのか探してみました。

 「User Preferences」の「User Interface」の項目でTheme(テーマ)を変更できます。
f:id:sat04:20180809154451p:plain

 余談ですが、私は、External Editorsには、SonyからMAGIXに移管されたSound ForgeとiZotope RX6 Editorを設定してます。これWwiseから直接各エディターを開けるだけじゃなくて、それぞれのソフトで波形編集&ノイズ除去してセーブするだけでWwiseのデータも更新できるので便利です(もちろん非破壊Editじゃないので注意ですが、普通は仕事で使うならPerforceかGitがあると思うので大丈夫かと)

f:id:sat04:20180807225827j:plain

 Unity Proみたいな感じになりました!

 Themeは細かく設定できて、Lightness、Contrast、Hue、Saturationなどを個別に変更できるので、えぐい色も可能です(笑)
f:id:sat04:20180807230011j:plain

メニューバーの色も変えれる

 ウィンドウズのウィンドウバー(メニュー)の色も変更できます。こちらはProject SettingsのUser Interface。

 こちらは、複数のプロジェクトを並行してやってると、今どのWwise Project弄ってるんだっけ?って時に便利な機能との事。私はたまたま同時並行で3プロジェクト+自分のSandBox用として個別にWwise Project2つ(Unity用とUE4用)を使い分けながら仕事をしてた時があるので、個人的にはかなりありがたいです。

f:id:sat04:20180807230350j:plain

 ピンクにしてみました。ちなみに今回からメニュー項目が、ウィンドウバーに表示されるようになりました。
f:id:sat04:20180807230403j:plain

カラム表示に対応

 Property Editorなど、多くのウィンドウで2カラム表示が可能になりました!これちょっと便利かも。
f:id:sat04:20180807231041j:plain

 とにかく僕はめんどくさがりなので、タブを切り替えて、あっちみてこっち見てのが嫌いなんでWindowsが多くなりがちで悩みの種になるんですが、カラムだと必要なときだけカラム表示にすればいいので楽でよいですね。

f:id:sat04:20180807231146j:plain
 Effect EditorでRTPCとEffect Settings 同時に見れるってのは便利そうです。

Objectにカラーを設定できるように

 これめちゃめちゃありがたいのですが、ついに各要素にカラーを設定できるようになりました!右クリックメニューで、「Set Color...」を選択するだけ。

f:id:sat04:20180807231510j:plain

 他にもProperty Editorのこの部分をクリックしても変更可能。
f:id:sat04:20180807231559j:plain

 あと個人的にはラベル機能も欲しいなって思います。今はNoteで代用してるんですけど「ラベル+色」がセットだと嬉しいなあ。(カスタムプロパティを作る方法もあるんですが、そこまでではないです。)

 例えばボイスなんかで、スクリプター側の実装を楽にするためとか、なんやかんやの理由から、キャラクターIDなどのユニークな文字列をEvent名につけずに単なる通し番号にしたりする時があります。

AkEvents キャラクター名 セリフ内容
A001_001_0001_Play リッチー・ブラック 「こんにちは、私はリッチー」
A001_001_0002_Play ジョン・ロー 「やあ、僕はジョンだよ、よろしくね」
A001_001_0003_Play リッチー・ブラック 「君は楽器が弾けるのかい?」
A001_001_0004_Play イアン・ペイ 「ちょっと!ちょっとー!僕を忘れてないかい?」

 こんな流れのストーリーのボイスがあった時、それぞれキャラクター固有のIDをリッチーくん(RB)、ジョンくん(JL)、イアンくん(IP)として、A001_001_0001_RB_Play、A001_001_0002_JL_Play、A001_001_0004_IP_Playなんかにした日には、エクセルでピーッとドラッグするだけで終わる簡単な作業が、ひと手間ふた手間増えちゃうわで、あんまり個人的には好きじゃないです。

なによりそんな文字列の羅列は美しくない(↓)。そもそもボイスの切り出しでファイル名つける段階からめんどくさい場合も(※もちろんこれらはワークフローによりなにが良いかは変わってきます)

AkEvents キャラクター名 セリフ内容
A001_001_0001_RB_Play リッチー・ブラック 「こんにちは、私はリッチー」
A001_001_0002_JL_Play ジョン・ロー 「やあ、僕はジョンだよ、よろしくね」
A001_001_0003_RB_Play リッチー・ブラック 「君は楽器が弾けるのかい?」
A001_001_0004_IP_Play イアン・ペイ 「ちょっと!ちょっとー!僕を忘れてないかい?」

 なのでこんな時ラベルが使えるとすごく便利だなーっと。

 だいたい、声優の○○さんの○○というキャラの納品がありましたーと、ある程度まとまった数を一気にインポートするのでその時にラベルつけたい……。大量のボイスデータはCSVからのImport機能などを活用して、Event作成まで一気にバッチ処理するので、そこでラベルつけたい……つけてほしい。Event名やファイル名など、実装に影響しない管理上のMetaとしてラベルつけたい!色つけたい!ラベルでフィルタリングしたいと思うわけです。今はNoteとQueryEditorで擬似的にやってます。だいぶ脱線しました。

Modulator に「Time」が追加された

 Modulator Timeというモジュレータが追加されました。簡単に言うと高機能エンベロープだし、拡大解釈するなら簡易オートメーションと言っちゃってもよいかもしれないです。Modulator Timeとは別に、Modulator Envelopeは別途あって、こちらは比較的シンプルなADSR方式なのに対して、Modulator Timeはかなり自由度が高いです。

f:id:sat04:20180807234925j:plain

f:id:sat04:20180807234933j:plain
 Modulator Timeの設定自体はシンプル。RTPCとして設定して、RTPCカーブを描くことでエンベロープ(オートメーション)的に使用する事ができます。詳しくは動画にて。

www.audiokinetic.com

ちとがっかりなContents Editorのフィルター機能

 Contents Editorにフィルター機能(検索フィールド)が付きました。Project Explorerに欲しい所だけど……。しかもこのフィルター機能、どうやら表示されてる項目からフィルタリングするだけで、折り畳まれた内部のアセットまで見てくれないっぽい。これはWwiseの検索フィールドの共通の挙動なので仕方ないですね。Optionで変更できると嬉しいな。

「List View」、「Query Editor」、「MIDI Keymap Editor」、「Referenceビュー」で、ノードが閉じて非表示となっている項目は検索対象とならない。

f:id:sat04:20180808001848j:plain
 上記のように、文字列を含むオブジェクトが表示されていればフィルタリングで表示できるが……。

f:id:sat04:20180808002029j:plain
 このようにすべて降り立たんだ状態だと

f:id:sat04:20180808002049j:plain
 みつけてくれなーい!というわけで、List View最強の座は揺らがず!

3D Meter

 見た目的に派手なのは3D Meterどうやってつかうかというと、これはBusの設定をまずAmbisonicsにしないといけない。1st order、2nd order、3rd orderなんでもOK。そしてAmbisonicsに設定したバスをメーターでモニタリングすると、3D Meterの選択肢が増える。

 f:id:sat04:20180808002242j:plain

 手っ取り早いのは、右クリックメニューで「Show in Meter View」を選択すればよい。
 f:id:sat04:20180808002415j:plain

コーデックにOpusが追加

 オーディオファイルのフォーマットにOpusが追加。よく知らないのだけど、Vorbisよりも圧縮率は高いだけど(ファイルは小さくなるけど)、デコード時のCPU負荷が高くなるとの事。音質評価もOpusの方が高いそうで。わかりやすいトレードオフ!

Results of the public multiformat listening test (July 2014)

 なかなかCPUのコストは頭を悩ます要素でもあるので、ちょっとどういう時に使うかなあという感じでまだイメージ湧いてないです。VorbisはVirtual Voiceからの復帰時などにシークテーブルを作成しておく必要があるけど(勝手にエンコード時に作ってくれるから、ほとんどの場合意識はしなくてよいんだけど)Opusは不要。メリットのように見えるけど、CPUとディスクアクセスの面でデメリットがあるから、そういう用途の音にはあんま使うなってことのようで。

Opusを使ったループやシークについて
Opusでは、シークやループ用のシークテーブルは不要ですが、その分、CPU負荷が高くなり、ディスクアクセスが増えます(ストリーミングの場合)。これを念頭に、Opusの利用はシークやループのニーズが最小限または皆無のサウンドに制限すべきです。なお、ファイル冒頭のシークやループは軽度なので、このような余計なコストがありません。

 

実験的機能がおもしろそう

 ざっと、さわりの部分だけ見てみたので、まだ把握しきれてない部分や気がついてない所も多いかもしれません。

 個人的には一番注目なのは「ジオメトリによる回折」と「Wwise Reflect - 回折リフレクション」。あと、「EventとSoundBankのコールバックが、Blueprintで」この辺は時間があれば実際にUE4で試してみたい所です。

 あと、Positioning Tab強化で、「お、ついにForce Mono機能が!?」と思ったんですがなかったようです。がっかり。