SAT04 CREATIVE SPACE

メディア芸術作品、音楽制作、ゲーム開発(UE4)、アート、エンタメなどの創作に関する話題を扱うブログです

Cubase 10をMac OS X El Capitanで使って1ヶ月が経ちました #Cubase

f:id:nowshika:20181224160357j:plain

先月Cubase 10がリリースされました。しかしこの最新版のCubaseですが、動作環境に、私がメインで使っているMac OS X 10.11.6 (El Capitan)が含まれていないんですね。

Cubase Pro / Artist 10 動作環境
Mac Windows
macOS Sierra (10.12) / High Sierra (10.13) / Mojave (10.14) Windows 7 / 8.1 / 10 (すべて 64ビット版のみ)

Mojaveが発表された事により3世代前のOSになってしまったわけですが、なかなかMac OS のアップデートというのはやっかいです。

新しいMac OSが出たからといってすぐにアップデートしちゃうと、不具合が出たり使えなくなるプラグインが出てきたりと面倒が多いので、ついつい及び腰になってしまいます。

仕事で使ってるとなおさら、環境を変に変えたくなくて腰が重くなっちゃいます。

El CapitanだけどCubase 10にして1ヶ月

 人柱になった気分でEl CapitanだけどCubase 10にしてみました。結論から言うと、特に問題感じていません。

 唯一困っていたのが、ダイレクト・オフライン・プロセシングのピッチシフトが上手く使えないという問題があったのですが、こちらは先月12月20日にリリースされた、CUBASE 10.0.10 Updateで解消されました。


ダウンロード | Steinberg

Cubase 10のダイレクト・オフライン・プロセシングのピッチシフトの問題

問題があった初期バージョン

f:id:nowshika:20181224162929j:plain
 初期バージョンでは「長さの保持」のチェックボックスが外れた状態の場合、なぜか状況欄に「!」が表示されて上手くピッチシフトできなかった。

問題が解消されたCUBASE 10.0.10 バージョン

f:id:nowshika:20181224163241j:plain
 CUBASE 10.0.10のマイナーアップデートをすると無事解決。ピッチも長さも正常に処理されるようになった。効果音制作などではよく使う機能なので、これがないと使い物にならなかった。

一世代前のHigh Sierra をインストールする方法

 最新のMac OS Mojaveがリリースされたので、年末年始でHigh Sierra (10.13)にしようかなーと検討中。App StoreだとMojaveしか表示されないけど、一応El CapitanからHigh Sierraにする方法も用意されているようです。

 Sierraを飛ばして、いきなりHigh Sierraにしても問題ないかは、これからしらべますけど。
support.apple.com

PreSonus 新型FaderPortが届いたので開封してセットアップ

f:id:sat04:20180909194252j:plain

PreSonusの第二世代FaderPort(2nd generation)が到着したので早速セットアップしてみました。ブラックの落ち着いたカラーが高級感あってよいです。

PreSonus | FaderPortシリーズ - MI7 Japan

開封の儀

日本ではMI7が代理店となり、各楽器店などで販売されています。WEBには日本語マニュアルはアップロードされていませんが、製品を購入すると紙のオーナーズマニュアルが付属してます。説明書の最後には、おまけでPreSonus秘伝の料理レシピが書かれています(笑)
f:id:sat04:20180909195902j:plain

アダプターが付属しています。サイズはそれほど大きくないです。比較のために単三電池と並べてみました。電源プラグ部分は各国に対応したアタッチメントを取り付けるタイプになります。
f:id:sat04:20180909200005j:plain

裏側はこんな感じ。4つの丸い部分には、滑り止めとクッションを兼ねた粘着テープ付きのゴムが付属してるので、自分で取り付けます。こういうの取り付けるの結構緊張しますね……。
f:id:sat04:20180909200155j:plain

背面はこんな感じ。12V 300mA。電源スイッチもあります。Footswitch用のフォーンジャックがあるけど用途は今の所不明。
f:id:sat04:20180909200406j:plain

セットアップ方法

セットアップとしては、基本マニュアル通りにやればよいのですが購入前の人の情報として軽く説明しておきます。まずは、Macの場合はUniversal ControlというソフトをPresonusのサイトからダウンロードしてきてファームウェアアップデートを行いました。

ファームウェアアップデート

購入時はv3.01でしたが、既にv3.03がリリースされています。こまかいリリースノートは探したけど見つからず。

f:id:sat04:20180909220018j:plain

DAWモード切り替えの儀式

まず、現状ネイティブモードで対応しているDAWはStudio Oneのみです。Cubase、Logic、LiveはMCU互換モードで、ProToolsはHUIモードで使う事ができます。で、出荷時の初期状態はStudio Oneネイティブモードのようで、StudioOneだとすぐに使えるのですが、Cubase、Logic、Live、ProToolsユーザーは最初にモード切替をしなくてはいけません。

その方法が、「NEXT」ボタンを押しながらFaderportの背面にある電源スイッチをONにします。
f:id:sat04:20180909201548j:plain

するとSolo、Mute、Arm、Bypass、Touchが点滅します。そこで、これから使用したいDAWに対応したボタンを押します。まず、このモードチェンジが必要になります。

プロトコル DAW 切り替えボタン
MCU Cubase Bypass
HUI ProTools Touch
MCU Logic Mute
MCU Live Arm
Native StudioOne Solo

f:id:sat04:20180909203028j:plain

最初に設定しちゃえば以後は設定し直す必要はないっぽいです。複数のシーケンサーを使い分ける人はおぼえておいたほうがよいです。ただ、そんな手間じゃないです。

Cubaseでの設定

基本マニュアルの手順通りに進める必要があります。

f:id:sat04:20180909215133j:plain
メニューの「スタジオ」>「スタジオ設定」を選択する。細かい設定はマニュアルを参照

f:id:sat04:20180909215256j:plain
「+」アイコンをクリックしてMackie Controlを追加。MIDIの入出力設定はPresonus FP2。

このあとMackie Controlを追加後、MIDIの設定を2箇所ほどする必要があります。手順を飛ばさないようにマニュアルを必読!

ただし、Cubase Pro 9.5の場合、以下の項目は、メニュー構造が変わっており、マニュアルとは異なります。

f:id:sat04:20180909215446j:plain
Cubase Pro 9.5では「その他のオプション」の中にMackie Controlがある

f:id:sat04:20180909215753j:plain

とりあえず、これで一旦セットアップは完了です。

Cubaseでは現状ネイティブで対応しているわけではないので、使えないボタンややや使い勝手がわるく感じる部分もあります。次回はそのあたりを書いていこうかと思います。

【MI7】リニューアルしたDAWコントロール・サーフェス「FaderPort」が日本でも発売開始!

先日海外でも発表になった、DAWコントロール・サーフェスの「FaderPort」が、日本でも発売開始になったようです。(※追記:早速購入しました)

f:id:sat04:20180906133359g:plain

Frontier Design社のAlphaTrack 亡き今、そのうち買わないとなぁとは思ってた商品です。すでに楽天などでも販売が開始されてるようです。


このサイズのコントロール・サーフェスとしては、FaderPort以外選択肢がないといっても過言ではありません。Cubase使いとしてはSteinberg(Yamaha)に本気を出してほしいところですが……。

www.mi7.co.jp

思ったよりも、旧モデルとの価格差は少ないですね。高級感のあるルックスが好みです。やっぱ注目は旧製品もそうだけど、100mmのムービング・フェーダーの威力!

ミックスにしろなんにしろ、これがあるのと無いのとではだいぶ作業時間に差がありますからねえ。

対応DAWは、ネイティブ・モードでStudio One、エミュレーションでPro Tools、Logic、Cubase、Ableton、Nuendo、Bitwig、Reaper、Reason、Sequoia等との事。

ちなみに、Studio One 4 Artistも付属してるようです。

旧版FaderPort Classicとの違い

前モデルのFederPortは
公式では「FaderPort Classic」というそうです。結構違いがあって全体的にパワーアップしてます。あと、バスパワーではなくアダプタ駆動になったようですね。

Cubaseなどの他のDAWへの対応が、Mackieユニバーサル・コントロール・モード(Bitwing、Cubase、Live、Logic、Nuendo、Reaper、Reason等)になってるのが気になります。どんな感じなんだろ。

PreSonus | FaderPortシリーズ・モデル比較 - MI7 Japan